部屋選びの方法

初めての一人暮らしの物件探しポイント

自分で支払える予算や地域、間取りを決める
お部屋の環境や設備が備わっているか確認する
敷地内や建物の周辺を歩き、地域の環境を確認する

一人暮らしの部屋選びをする際、まず月々自分で支払える家賃を考え予算を決めましょう。
家賃は共益費や管理費、駐車場料も含め、毎月支払える金額を計算します。一般的には、収入の3分の1を家賃に充てる方が多いようです
どの辺りに住むのかということを決める場合には、通勤、通学路や所要時間を考え、少し幅のある設定をすると物件を探しやすくなるでしょう。
予算と住む地域を絞ったところで部屋の間取りや広さなどを決めていきます。
部屋を決める時には、必ず実際の部屋を見に行き、日当たりや風通しは良いか、騒音異臭はないか、収納や、設備が整っているかなど、間取り図では確認できない事項を確認しましょう。最後に敷地内と建物の周辺を歩いてみましょう。
家から駅までの通学通勤路を実際に歩いて、人や車の通行量や街灯の有無、防犯上気になる場所はないか等、確認することが大切です。
また、生活を始めてからの利便性も考え、スーパーやコンビニ、病院などが近くにあるかなども確認しておきましょう。

女性の一人暮らしで気をつけるポイント

安全を第一に考え、近隣の治安を必ず確認する
お部屋や建物の周りが安全な環境にあるか確認する
お部屋の設備などが整っているかどうか確認する

女性の一人暮らしの部屋選びには、何よりもまず安全を第一に考えることが重要です
通学や通勤に便利な場所や、家賃などの条件で部屋を決められると思いますが、この時に必ず治安の良し悪しを確認しましょう。
部屋から駅までの道のりや、入居後の生活パターンを想定し、実際に近隣を歩いてみましょう。その中で立地条件や、時間帯に応じた通行量、街灯の明暗、道の幅など、防犯上気になる場所がないかチェックしましょう。
地域の治安については、交番の警察官に聞いてみるのもよいかもしれません。 また、お部屋の中や建物周りを確認しましょう。
例えば防犯設備があるかどうか、部屋が覗かれたり侵入されないかどうか、隣人がどのような人であるかなどをあらかじめ確認しましょう。
お部屋の鍵や水まわりの状況など、設備がしっかり整っているか調べておくことも大切です。

ペット可物件を選ぶポイント

お部屋の防音効果がどれだけあるのか確認する
風通しが良いか、換気がしっかりできるか確認する
公園、動物病院、ペットショップのアクセスを確認

ペット可物件の部屋選びでは、ペットだけではなく自分も快適に暮らせるお部屋を探すことが大切です。
ペットと一緒に暮らす物件では、まずは防音効果がどの程度であるのかを確認することが大切です。 防音設備が整っていないと、隣人の飼っているペットの鳴き声が聴こえたり、逆に自分のペットの鳴き声も聴こえてしまいますのでお互いストレスを感じてしまう可能性があります。
次に、お部屋や建物自体に異臭がないか確認しておきましょう。 ペットは特有の臭いをもっているため、お部屋の風通しや換気がしっかりできない部屋では臭いが残ってしまいます
また、お部屋の周辺に公園や動物病院、ペットショップなどが近くにあるか確認しましょう。 公園があればペットと気軽にお散歩できますし、ペットの具合が悪くなった時など、緊急時に診てもらえる動物病院が近くにあると安心です。
また、近所にペットショップもあるとさらに便利です。 入居してから困らないように、これらをしっかりとチェックしておきましょう。

引越しの悩み@メニュー

引越しの悩みを解決@失敗しない部屋選びの方法リンク